2020年01月07日

原木しいたけ

しいたけはからだにいいと言われています。
それはなぜでしょうか?

しいたけにはカルシウムを吸収して骨に沈着させている
ビタミンⅮが含まれているので骨のためにいい
しいたけに含まれているエリタデニンがコレステロールを下げるなど
健康の維持に役立って成人病がふせげる
しいたけには豊富な栄養素が含まれていますが
ほとんどカロリーがないのでダイエットにいい
しいたけに含まれた大量の食物繊維が
腸内を掃除するので腸がきれいになる
しいたけの胞子には(インフルエンザの感染を阻止する作用をもつ)
インターフェロンの生成を誘導する成分としてリボ核酸多く含まれている

『原木しいたけ』と『菌床しいたけ』の違いは?

「原木栽培」
しいたけは天然は枯れ木に生えます。
木を切り倒して枯れ木(ぼだ木)を作りしいたけの菌を植えて
天然と同じしいたけを確実に作るのが原木栽培です。
昔から行われてきた栽培方法で
味や香りの強い肉質のしっかりしたしいたけができます。

「菌床栽培」
おがくずと米や麦の糖を混ぜた人工的な栄養に
しいたけ菌を植えてしいたけを作るのが菌床栽培です。
原木栽培よりも大量に安定してしいたけを作れるので
一般で市場には主に菌床栽培のものが流通しています。
味や香り、肉質とも原木栽培のものより劣ります。
つまり、人工的に栄養を与えた菌床しいたけに対し
枯れ木の栄養だけで育った原木しいたけは・・・
味、香り、肉質が圧倒的に強いです
是非、普段食べているしいたけと比べてください

DSC05117.JPG
posted by 道の駅やまだ at 16:01| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。