2020年03月27日

みのぼし南蛮

岩手の伝統漬物「みのぼし南蛮」が
ひとくちサイズの新しいカタチに生まれ変わりました

江戸時代から岩手に伝わる「みのぼし南蛮」
野菜が少ない冬季でも手に入る根菜を紫蘇で巻き
ピリ辛漬け込んであります。
野菜を多く食べて欲しいという母の愛情が詰まった漬物。
秋に枯れ葉をまとう「みの虫」の姿から、その名は付けられました。
ご飯はもちろん、お弁当・お茶うけにも華やかさをプラス
根菜が主役なので、噛み応えや腸内環境の改善も期待できます

・人参
彩りもキレイにピリ辛の味がたまらない
・ごぼう
コリコリっと噛みごたえもたっぷり
・大根
シャキシャキの歯ごたえがたまらない
・大葉
大葉で根菜をぎゅっと包んでいます。

辛すぎず、食べやすいので
一度食べたらくせになる美味しさです
posted by 道の駅やまだ at 14:38| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。